東京メディエーションセンター2021-09-07T15:57:24+09:00

トラブルに
したくない。

でも、解決したい。

夫婦・親子
話し合い

お隣さんの
犬の鳴き声
うるさい。

事実が
知りたい。

人間関係
困りごと

こちらの事情も
知ってほしい。

裁判などで
訴えたいわけじゃない。

会社・学校・
病院・施設
での
話し合い

ご近所から
苦情を受けた。

冷静に
話したい。

メディエーションによって、
おたがい納得できる解決をめざしませんか。

メディエーションとは?

おたがいの事情を
知るだけで、
解決につながる
場合があります。

お隣さんの音がうるさい、ペットやゴミ捨てなどのマナーの問題、夫婦、親子、兄弟などのすれ違い、学校や職場で人間関係が崩れてしまった・・・我慢できないわけではないけれど、言いたいことが言えなくて、気になってイライラしてしまう。

そんな時、どうしますか。

相手に何も伝えずに、ずっと我慢していると、イライラに耐えられなくなって、一気に相手にぶつけてしまいがち。でもそれでは、相手はあなたの事情や困っていることを聞く前に、きっとびっくりしてしまうでしょう。

あなたが感じていること、困っていること、何をどうしてほしいのか、”トラブルになる前に”相手に伝えませんか。
相手はあなたが困っていることに、気づいていないかもしれません。相手には相手の事情があるのかもしれません。

お互いが、お互いの事情を知るだけで、解決できることもあります。

メディエーションは、困りごとを抱える当事者同士の話し合いを、第三者が見守る手法です。日本ではまだ馴染みがないですが、欧米では身近な人とのトラブル解決方法として、信頼されている手法です。

その相手と、これからも関係を続けていきたいと思うなら、話し合ってみませんか。

メディエーションとは

ご相談の内容

  • 近隣同士のマナーに関するトラブル

  • 家族の家事分担

  • 夫婦のすれ違い

  • 介護の分担や同居についてのもめごと

  • 親子の話し合い

  • 職場の人間関係のトラブル

  • 友人との関係

  • 学校での人間関係

  • 相手に慰謝料を払って欲しい、部屋を退去してほしいなど法律的な事柄
  • 金銭の支払い請求

  • 自分の要求を相手に飲ませるためだけの目的

よくある質問

よくある質問をまとめました。

話し合った後、関係が悪化しませんか?2018-09-25T13:03:44+09:00

その心配はよくわかります。話し合いを通じて、解決策を見つけられなくても、お互いの理解は進みます。理解が進んで関係が悪化することはそうあることではありません。

話し合いがスタートするまでの流れを教えてください。2018-09-25T15:13:41+09:00

まず、今悩んでいることをお話しください。メディエーターの役割やメディエーションの進め方などもその時にお伝えします。納得されたうえで、進めていきます。
次に、相手にどのように伝えるかを一緒に考えて決めます。だれが話し合いに誘うか、あなたの名前を出すか、手段は、電話か、手紙か、訪問かなど不安がないように配慮します。
そのあと、相手の方とお会いし、メディエーションの進め方やメディエーターの役割などをお伝えし、納得していただいたうえで、話し合いの日程や場所を決めます。

相談はどの地域でも可能ですか。2018-09-25T15:13:26+09:00

東京近郊であれば応じることができます。

相手に自分のプライバシーは伝わりますか。2018-09-25T15:13:19+09:00

ご自分から伝えない限りは、伝わりません。メディエーターや相談員が、あなたに代わって相手になにか伝えることは致しません。

その他の質問をみる

活動報告(ブログ)

【介護が必要になったなど、介護に関わる家族向けの取り組みをはじめます】

・家族の介護が必要になった ・家族が亡くなった 「ほんとは寂しいんだ・・・」 「一人は心細い・・・」と、一人になった本人の声。「心配・・」「いやそれはわかるけど・・・」離れて暮らす家族の想い。 その声に応えようと考えを巡らせてみると 「いざ介護が必要になった時、誰が介護を担うのか」 「寂しいとはいえ誰か一緒に住むのか」 「本人は施設に入ると言っているけど、施設で本当に良いのか」 「家がいいというのでそうなったけど、やっぱり見守りや介護のある施設が良いのではないか」 案は出ても、具体的になると浮かんでくる悩み。 一人暮らしの親をどうするか。 思い出が詰まった家はどうするか。 家族が向き合うべき課題は大きい。 家族みなそれぞれに、生活、家族、人生がある。気持ち、思い、思惑もある。 家族の大きな変化の時、 家族で丁寧に話さないと 誰かの気持ちがないがしろになってしまったり 誰かの気持ちを理由に偏った判断をしてしまったり 家族に転機が訪れた時、話し合いが必要になると思います。 話し合えなかったり、話し合いが感情的になってしまったりして、絶縁状態になる家族を、私は今までみてきました。 私たち「東京メディエーションセンター」は、冷静に、拗れることのないように話すための手伝いをいたします。 あえて、話し合いの進行役に第三者が入ることで、落ち着いて話せたり、納得がいく最後まで話せたり、聞けたりすることができます。 メディエーターを活用してもらえたらと思います。 どうぞお気軽にお問い合わせください。 【流れ】 <1 受付> メール又はお電話で相談日をご予約ください <2 初回相談>(1時間)※無料 お会いしてお話を伺います(オンラインでも) ご希望やご事情をお聞かせください メディエーションのことや、今後の流れも詳しくご説明いたします <3 お申し込み>(料金のお支払い) 日時、場所の設定をします。 原則場所は、東京メディエーションセンターで準備いたします。 <4 家族会議> 当日、進行役(メディエーター)が同席し、家族会議を行います。 [...]

<近隣トラブル相談室・住まいのトラブル相談室>を開設しました。

・隣の家の音が気になって仕方がない ・なにか迷惑をかけたのか、挨拶もしてくれなくなった ・壁を叩かれたり、ドアを強くしめられたりするようになった 近隣トラブルが起こると生活が一変してしまいます。リラックスできる空間が緊張する空間に変わってしまいます。近隣と揉めると快適なはずの自分の家で暮らすことが苦痛になったり、怖くなったりしてしまいます。 近隣トラブルが起こると、多くの場合、我慢するか、引っ越すしかなかったりします。 警察、大家さん、不動産会社、民生委員さん、相談先は浮かびますが、うまく話してもらえなかったりすると緊張関係が高まってしまうこともあります。 近隣トラブルはとても解決の難しい揉め事です。 そもそも、自宅でのどう過ごすのかは、自由です。 自分も自由、相手も自由な中で、音、匂いなど気になることが生まれ、気持ちよく暮らせなくなることがきっかけで近隣トラブルは起こります。 相手の自由と自分の自由の中でどのように折り合いをつけるのかが、ともに暮らすために必要なことで、それは話して折り合いをつけていくしかないのです。   緊張関係が生まれてしまった相手と話すのは怖いと思います。 相手にどう伝えるか、相手とどのように話すか。 メディエーター(中立の第3者)が入ることで、接触をするときの安心になったり、話し合いが冷静に進んだりします。   [...]

利用者の感想

こ近所トラブルで、初回の話し合いに、メディエーターに同席してもらいました。お互い冷静に、事実確認しあいました。客観的事実をのべていたつもりでしたが、相手のことばには、はらが立ってきました。メディエーターは、落ち着いた口調で、ゆっくりと、「相手の話を聞いて、相手の気持ちをどのように理解しましたか」と聞いてきました。一瞬なにを言われたか、意図がわからなかったのですが、聞き直して、われにかえったようです。「悲しい気持ちになったのはわかりました」と答えました。 その言葉を聞いて、相手も、ざわついた気持ちかわ収まってきたようでした。 わたしのきもちも、つたえられた。『きょうは、事実確認だけとしましょう、ほかにいうことありますか』というメディエーターのことばに、双方、納得しておわることができました。メディエーターのおかげで相手の気持ちを理解する、しようと思う心の動きがありました。相手も、同じなのではないかと思えて、話し合いの1回目が心穏やかにおわりました。

山陰中央新報にご紹介いただきました

身近な人間関係の改善 要求より気持ち伝える 話せば見える解決の糸口 2021/8/31 04:00 https://www.sanin-chuo.co.jp/articles/-/87199?fbclid=IwAR2dJtGBM3lEKHawag_-MwunfHoUTDBs4SwemXiZNAMp3CMn8ammFQ2ptOk

新しいパンフレットができました

家族向けのメディエーション「家族会議のすすめ」のパンフレットができました。 子育て家庭向け、介護などに関わる家族むけの2つです。 トップページのところからパンフレットを見たりダウンロードすることができます。 今後、配布していきたいと思っています。 置いてくださるところも探しています。 ご連絡くだされば、パンフレットをお送りさせていただきます。  

これ以前の活動報告をみる