東京メディエーションセンター2024-04-11T04:08:58+09:00

トラブルに
したくない。

でも、解決したい。

夫婦・親子
話し合い

お隣さんの
犬の鳴き声
うるさい。

事実が
知りたい。

人間関係
困りごと

こちらの事情も
知ってほしい。

裁判などで
訴えたいわけじゃない。

会社・学校・
病院・施設
での
話し合い

ご近所から
苦情を受けた。

冷静に
話したい。

メディエーションによって、
おたがい納得できる解決をめざしませんか。

メディエーションとは?

おたがいの事情を
知るだけで、
解決につながる
場合があります。

おたがいの事情を知るだけで、解決につながる場合があります。

お隣さんの音がうるさい、ペットやゴミ捨てなどのマナーの問題、夫婦、親子、兄弟などのすれ違い、学校や職場で人間関係が崩れてしまった・・・我慢できないわけではないけれど、言いたいことが言えなくて、気になってイライラしてしまう。

そんな時、どうしますか。

相手に何も伝えずに、ずっと我慢していると、イライラに耐えられなくなって、一気に相手にぶつけてしまいがち。でもそれでは、相手はあなたの事情や困っていることを聞く前に、きっとびっくりしてしまうでしょう。

あなたが感じていること、困っていること、何をどうしてほしいのか、”トラブルになる前に”相手に伝えませんか。
相手はあなたが困っていることに、気づいていないかもしれません。相手には相手の事情があるのかもしれません。

お互いが、お互いの事情を知るだけで、解決できることもあります。

メディエーションは、困りごとを抱える当事者同士の話し合いを、第三者が見守る手法です。日本ではまだ馴染みがないですが、欧米では身近な人とのトラブル解決方法として、信頼されている手法です。

その相手と、これからも関係を続けていきたいと思うなら、話し合ってみませんか。

メディエーションとは
ご相談 各種・メディエーション

パンフレット配布中
※ただいま改定中 少々お待ちください

ご相談の内容

ご相談の内容

ご相談・メディエーションの費用

(例)

  • 隣の家から長年嫌がらせを受けている。

  • 夫婦のすれ違い離婚するしかない?

  • 仕事と家事・子育ての分担について夫婦で意見が合わない!
  • 親の介護を誰がするか、同居について家族でもめている
  • 親子なのに言うことを聞かず話が通じない!

  • 職場の上司にパワハラを受けて辛いが会社を辞めたくない
  • 学校でのいじめをやめてほしい。理由があるなら聞きたい。

  • 友人ともめて音信不通に。仲直りしたい電話に出てくれない。
  • 裁判で決着がついたのに関係が良くならない

  • 相手に慰謝料を払って欲しい、部屋を退去してほしいなど法律的な事柄
  • 金銭の支払い請求

  • 自分の要求を相手に飲ませるためだけの目的

よくある質問

よくある質問

よくある質問をまとめました。

話し合った後、関係が悪化しませんか?2018-09-25T13:03:44+09:00

その心配はよくわかります。話し合いを通じて、解決策を見つけられなくても、お互いの理解は進みます。理解が進んで関係が悪化することはそうあることではありません。

話し合いがスタートするまでの流れを教えてください。2018-09-25T15:13:41+09:00

まず、今悩んでいることをお話しください。メディエーターの役割やメディエーションの進め方などもその時にお伝えします。納得されたうえで、進めていきます。
次に、相手にどのように伝えるかを一緒に考えて決めます。だれが話し合いに誘うか、あなたの名前を出すか、手段は、電話か、手紙か、訪問かなど不安がないように配慮します。
そのあと、相手の方とお会いし、メディエーションの進め方やメディエーターの役割などをお伝えし、納得していただいたうえで、話し合いの日程や場所を決めます。

相談はどの地域でも可能ですか。2018-09-25T15:13:26+09:00

東京近郊であれば応じることができます。

相手に自分のプライバシーは伝わりますか。2018-09-25T15:13:19+09:00

ご自分から伝えない限りは、伝わりません。メディエーターや相談員が、あなたに代わって相手になにか伝えることは致しません。

その他の質問をみる

活動報告(ブログ)

活動報告(ブログ)

【夫婦ゲンカの闘い方】実用講座 4月23日(火)21:30- オンライン

「ちょっといい?」で突然鳴り響く、闘いのゴング!
全然ちょっとで済まない話がスタート!!
……実はウチだけじゃない“夫婦げんか”(夫婦のトラブル)。

数々の修羅場に立ち会ってきたメディエーター・鈴木が「夫婦ケンカの闘い方」を解説、指南します
————–

▶︎夜中の「ちょっといい?」で、全然ちょっとで済まない話をはじめる カツアゲ型
▶︎「どうせ・・・でしょ」「あんたなんかさ・・・」いやーな悪口を言いっぱなす いじめっ子型
▶︎「・・・やってね」「え?やってこなかったの?」同意を得ない命令とインネンの ヤンキー型
▶︎「ちょっと今日は疲れてる」と断られ続けてしまう 強すぎる挑戦者型
▶︎はじまったら体力が続くまで続いてしまう 無制限一本勝負型
▶︎ずーとなんとなくモヤモヤしている 米ソ冷戦型
▶︎話しはじめると、議題が増えてきて結局やばいことだけ気づく バトルロイヤル型
▶︎相手が困る小さなことを続ける シロアリ型

ケンカのタイプもイロイロ。
多くの人が、他の家は仲が良さそうでいいなと思っていても、実は、どこの家庭でも起こっている夫婦ゲンカは、うまくケンカ(話し合い)ができておらず、溝が深まってしまうことが多いです。

子どもの進路の話、家事の分担の話、夏休みの旅行の計画・・・・
本当に話したかったことを見失わずに、機会を作り話し合いを進めていく。
もう限界かもと思ってしまう関係を考え直す。
そのためのヒントをお伝えします。

一人でも 夫婦一緒でも
お酒を片手にでも
どうぞお気軽にご参加ください

▼こんな方におすすめ
・本当はちゃんと話したい
・どう話してよいかわからない
・怒りに気づいてもらえない
・毎回同じパターンになり解決しない
・気力・体力の限界
・だんだん相手にギャフンと言わせたいという気持ちが芽生えてきた

■ […]

保護者からの“クレームや要求”にどう応じるか(学校の先生へ)

現状の懸念「対立になってしまっている、対立になる不安がある」 生徒間の事故や嫌がらせ、いじめなどをきっかけに、担任の対応、学校の対応をめぐり、保護者と担任、保護者と学校、保護者と教育委員会という形で、対応への不満から対立になってしまっているケースが少なくないように感じます。 その背景には、担任などによる個人による初期の対応、学校などによる組織としての対応に課題があるように感じます。保護者も、担任も、学校も、“子どものこと”を第一に考えて行動している中で、不適切な一言や姿勢が、保護者の感情をこじらせ、悪化させ、協力関係を築けずに対立関係になってしまうのはとても残念なことに感じます。 また、トラブル対応に追われる担任の先生の苦労・心労も大きく感じます。 裁判になれば、お互いに相手の非を調べ伝えあうような、嫌な思いをすることになり、同じ学校に通うことが難しくなったり、地域生活が難しくなったりもすることが考えられ、できる限り避けることが望ましいと思います。 対立関係にならない“子どものために”協力関係を維持する関わり方、対応を心がけることが大事だと考えます。   [...]

  • 保護者対応 学校問題解決支援 コーディネーターの画像

学校問題解決支援コーディネーター(仮称)の相談を承ります

文部科学省の令和6年度予算に「行政による学校問題解決のための支援体制の構築に向けたモデル事業 」あります。 その趣旨には 「近年、社会環境が多様化、複雑化する中で、保護者や地域からの過剰な苦情や 不当な要求など、学校だけでは解決が難しい事案について学校運営上の大きな課 題との認識が強まっており、経験豊かな学校管理職OB等の活用も含め、様々な [...]

どうして揉めごとは早く解決した方がいいのか

近隣トラブルなど揉めごとにはステージがあります 大きな転機としては「こと」から「人」に移るタイミングです はじめはどんなことでも「こと」からはじまります。 例えば、家庭のことなら 脱ぎっぱなしの服 とか 食事の片付けを誰がするのか とか 誰が介護をするのか、家をどうするのか 近隣のことなら [...]

あの時の言われた”あの一言”の重さ

あの時の言われた”あの一言”のこと、話してみませんか。 東京メディエーションセンターが応援します   あの時言われた”あの一言” あの時言ってしまった”あの一言”   心に受けた傷は、表面には見えません。 [...]

これ以前の活動報告をみる