私たちについて

東京メディエーションセンターは、「近隣トラブル」や「家族や親子のすれ違い」など、
これまで解決の難しかった事柄に取り組みます。

行政支援の届きにくい家庭内のコミュニケーション、法的に対応しにくい近隣同士のマナー問題、職場や学校で人間関係がうまくいかないことなどは、解決をサポートできる機関がありません。しかし、このようなトラブルを小さなうちに解消できなかったばかりに、次第にお互いの感情が大きくなり、最悪の事態を招いてしまうことも少なくありません。
地域コミュニティの力が弱まり、その解決にあたる人は限られています。一方で、個々のつながりを取り戻そうと、シェアハウスやコミュニティづくりも盛んに試みられていますが、一度トラブルになったら自力では解決できず、コミュニティが一過性になることも多くなっています。
私たちは、第三者の立会いのもとで当事者同士が話し合う「メディエーション」によって、個人が抱えている問題を「自分たちで解決する」ことを支援します。

団体概要

団体名:
一般社団法人東京メディエーションセンター

設立:
2019年3月12日

所在地:
東京都世田谷区

役員:
代表理事
鈴木佑輔 (社会福祉法人世田谷ボランティア協会 職員)

理事
齊藤志野歩 (株式会社N9.5代表取締役)
徳山佳祐  (弁護士)
栗原香織  (翻訳業)

監事
鈴木慶子 (社会福祉士)

事業内容:
(1) 近隣関係、職場、家庭内・親族間等において発生する法律事務にあたらないトラブルについて、当事者による話合いの場(メディエーション)を設定・提供する
(2)メディエーションに関する啓蒙、研究、人材育成事業
(3) 前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業